オリックス銀行カードローンの審査は厳しい?!

お金は、年齢性別にかかわらず、誰しもが必要とする存在でしょう。オリックス銀行カードローンを役立てたい人も、幅広くいるに違いありません。

 

そして中でも、若い世代が比較的多いかもしれません。

オリックス2

 

学生やフリーターなど、収入が少ない人にとって、突然まとまった額の出費を必要とするタイミングは、まさに窮地です。

 

その点、申し込むことでお金を貸してくれるカードローンは嬉しい味方となります。とはいえ、オリックス銀行のみならず、融資サービスには審査がつきものです。

 

そしてこの審査において、収入状況は大きなポイントとなっています。そんな中、アルバイト収入しかない人は借りることが可能なのでしょうか?

 

稼ぎの少なさで考えれば、パートタイマーにもまた同様のことがいえるでしょう。

 

オリックス銀行カードローンは、アルバイトやパートの人にも利用できるのでしょうか?ご紹介していきます('ω')ノ

 

 

オリックス銀行カードローンの利用条件

まずそもそも、利用条件にあてはまる人でなければ申し込むことすらできません。

 

低金利、銀行系であるなどメリットが多いカードローンではありますが、最初に利用可能かどうかを押さえておくべきです。

年齢

他の金融商品でもそうですが、やはりオリックス銀行においても年齢制限が設けられています。

 

オリックス銀行のカードローンは、20歳以上69歳未満と定められています。若すぎても、そして歳を重ねすぎていてもいけないというわけです。

 

ここでポイントとなるのは、下限についてでしょう。

 

アルバイトをしている18〜20歳の人は少なくないですし、同時にお金の面に余裕がなく、融資を検討している人もいる多いでしょう。

 

ですが残念ながら、20歳未満の場合は申し込み不可となっています。20歳を超えるまで待つか、もしくは十代でも借りられる他社金融サービスを視野に入れるべきです。

 

収入証明書の準備

前述の通り、金融サービスの審査では、収入面を重要視します。なぜなら、それによって返済能力を判断することに繋がるためです。

 

ですがオリックス銀行カードローンについては、かならずしも提出必須というわけでもありません。

 

同カードローンでは、300万円までの借り入れであれば、原則証明書不要と定めています。

 

すぐに手元に用意できない場合でも、速やかな申し込みが可能となります。

 

またアルバイトやパートとして暮らす人において、いきなり300万円以上の高額を用意しなければならないといったケースは決して多くないでしょう。

 

そんな意味でも、収入証明書に関してはそこまで心配はいらないといえます(^_^)/

 

本人確認書類

また審査確定後ですが、指示に従って本人確認書類の提出も求められます。

 

主には、運転免許証または運転経歴証明書・各種健康保険証・マイナンバーカード・パスポート・在留カードまたは特別永住者証明書といったものから選べます。

 

いずれも、必要情報以外の個人情報は分からないような状態で提出できるので、プライバシー面でも安心です。

 

主な利用条件、申し込み方法のポイントとしては、こういった部分が代表的です。

 

まずは基本として、覚えておいてください。アルバイト・パートであるなしにかかわらず、欠かせない点です!

 

アルバイトやパートでも利用できるのか

さて、本題のアルバイトやパートでも実際に利用できるかという点を掘り下げていきたいとおもいます。

 

これについては、ずばり利用可能です!ただ、誰でも借りられるというわけでもありません。

 

なぜアルバイトなどの収入が低い雇用形態でも利用できるのか・・・それは安定した収入さえあれば利用可能とされているためです。

オリックス

 

正社員でもアルバイトやパートでも、堅実に働いているのであれば金額に差はあれど安定収入が得られます。

 

そのため、正社員でないからといってオリックス銀行カードローンを利用できないということにはならないといえるのです。

 

この点に関しては、他社金融サービスとも比較的同じです。ただ、金融機関全体から考えれば、オリックス銀行のものは少し審査に通りにくい金融商品でもあるかもしれません。

 

なぜなら、オリックス銀行のカードローンは銀行系に属するためです。

 

銀行系には、金利が低く安心感がある、また限度額が比較的高額に設定されているといった特長が見られます。

 

事実、オリックス銀行カードローンは金利が1.7〜17.8%、利用限度額最高800万円と、業界内でも有数の魅力的設定となっています。

 

反対に、銀行系と対を成す存在なのが消費者金融系です。金利が4〜18%などと比較的高めになっており、限度額も500万程度であるケースが多いです。

 

一見すると、明らかに銀行系の方が魅力的かもしれませんが、それでも消費者金融の需要も決して低くありません。

 

理由は、銀行系は好条件であるのと同時に、審査が厳しいという特徴も伴うためです。

 

そうした傾向から考えれば、オリックス銀行カードローンはアルバイトやパートでも申し込みできはするものの、消費者金融と比べれば審査合格が難しいサービスといえます。

 

正社員でなくても大丈夫ですが、ある程度審査に通りやすい状況かどうかを検討した上で申し込んだ方がいいかもしれませんね。

 

アルバイトやパートでも審査に通りやすくするには?

審査が通りにくいとはいえ、その理由がアルバイトやパートであるからというわけでもありません。結果的にそうなってしまいますが、基本的には収入が少ない、安定しにくいからこそです。

 

では、その面さえカバーできれば雇用形態にかかわらず審査通過の可能性は高められます。いくつかのポイントを、ご紹介したいと思います。

 

  • 働き始めてしばらく経ってから申し込む方法です。

同じ月給でも、長期間安定して稼いでいるという事実が伴えば、あなたへの信頼度は高まります。

 

働き始めてすぐではなく、一定期間を置いてから申し込んでみましょう(^O^)/

 

  • 名前の知れた大手企業での勤務を目指すこと

安定した実績を誇る会社で働いていると分かれば、あなたの安定性にも期待を持ってくれることでしょう。

 

限度額300万円以下で収入証明は原則不要ですが、在籍確認はかならずおこなわれるので、会社の格というのも評価に影響します。

 

  • 申し込み以前に他社で借り入れを行わないこと

そして最後に、申し込み以前に他社で借り入れをおこなわないことです。

 

消費者金融の中には、オリックス銀行カードローン以上に審査が緩いところ、スピーディーな業者も存在します。

 

ですがオリックス銀行カードローンへの申し込みも予定しているのであれば、安易に利用しない方が良いです。

 

他社での借り入れ状況は、審査に響いてしまいます((+_+))ブラックリスト入りしているともなれば、なおのことでしょう。

 

これらの点に気をつけた上で、申し込みに臨んでみてください。

 

また注意点として、一かばちかでの確率の低い申請については、あまりおすすめできません。

 

なぜなら、審査落ちしたという実績が調査会社に残ってしまうことがあるためです。

 

そうなってしまうと、以降また改めて他社で借りる際などに低評価ポイントとなってしまいます。

 

少しでも自信がないようなら、上記のような通りやすくなるためのコツをしっかり踏まえた上で申し込みましょう。

 

 

比較的審査が厳しいことで知られる銀行系のオリックス銀行カードローンですが、アルバイト・パートであっても利用は可能です。

 

契約形態でなく、収入状況を見て主な返済能力が判断されるためです(*^-^*)

 

ただ、20歳以上69歳以下でしか利用不可と定められているので、十代のフリーターや年配者の人は注意してください。

 

利用自体可能とはいえ、あくまで銀行系であるため、消費者金融などと比べるとやはり通りにくいのが実際のところです。
審査に通るためのコツも踏まえつつ、臨んでみてくださいね♪